STAFF

スタッフ紹介

営業担当

池野 優希

入社時から今までを振り返ってどのように感じますか?

前職でもお客様と会話することはあり、人と話をすることは苦手ではなかったので、営業職も務まるだろうという自信はありました。
ただ、アジカタはAGCの特約店としてガラスを販売するだけでなく、LIXILの代理店としてサッシや各種住宅設備機器など住宅の大半の商材を扱っており、その幅広さは想定外でした。
また、建設業界も初めてでしたので、最初は現場に行ってお客様と何を話すべきかもわからず戸惑いました。とにかく聞かれた質問を全部持ち帰っては調べてを繰り返しました。

6年経った今となって、先輩達に一回一回聞かずとも仕事の流れはほぼわかってきましたし、この業界にも慣れてきました。
特に営業ですとアナログ的な肌感なども大事ですので、より多くの経験を積み、慣れることが一番だと感じます。
営業の難しさを体感しましたが、細かなわからない点は先輩達が丁寧に教えてくれましたので、その点ではとても安心して仕事をすることができました。

仕事で心がけていることはありますか?

営業をする上で、商材がとにかく多いので知識量も求められますが、例えばガラスを扱うことが得意なお客様のところへ水回りの商品を積極的にご提案してもあまりご興味を持っていただけません。
自分がこれをお客様に売りたい!という一方的なものではなく、そのお客様が求めている商材を、ニーズを考えてそれにマッチしたものを提案するように心がけています。

印象に残っている仕事はありますか?

この時のこの仕事!というのではないのですが、自分が提案した商材をお客様に採用していただき、実際に使った後に「この商品を使って良かった!」と感謝の言葉をいただけた時が、やはり印象に残りますし、嬉しいですね。自分が自信をもってお勧めしたものがピタリとはまった時はすごくやりがいを感じます。

入社を考えている方にメッセージをお願いします。

学生時代の勉強はもちろん大事ですけれど、コミュニケーションの能力は社会人ではとても大切な要素になります。アルバイトでもいいですし、いろいろな人と交流して人との繋がりを大事にして過ごしていくと良いと思います。
決して楽な仕事ではありませんが、とてもやりがいがあるので、一緒にアジカタで働ける日を楽しみにしています。私自身も、お客様からアジカタに頼んで良かったと思ってもらえる仕事をし続けたいです。
アジカタが佐渡にあるという意味をしっかり築いていきたいと思っています。

営業担当

関川 雄二

入社後、初めにどのような仕事をしましたか?

まず初めは、研修期間からスタートしました。
最初は、倉庫の中や実際の施工現場でガラスや住宅設備機器等を運んで商品の大きさや重さを体感したり、施工の補助をしたりしました。
そのあと、事務の仕事を学び、見積もりを作る仕事などを覚え、研修期間を終えて営業として配属になりました。
研修期間は大変でしたが、その経験と知識が今の営業活動でとても活きていると感じます。

初めての営業の仕事はいかがでしたか?

お客様お一人おひとりに応じた適切な対応と、幅広い商品知識を求められるので、スタート直後はとても苦労した思い出があります。まだ入社して間もないので、もっと営業としての力を伸ばしていきたいです。
また、礼儀や身だしなみなどにとても気を使うようになりました。
お客様の前に立つ営業ですから、知識だけでなくそういったこともとても重要であることを実感しています。

印象に残っている仕事はありますか?

新築物件ですと、サッシや内装建具などを手配させていただくのですけれど、自分が納めたものが実際に現場で取付されて、家として形になっていく。初めて自分の仕事で家が完成した時は、もの凄いやりがいと達成感を感じました。
まだ手掛けた数としては数えられるほどですけれど、サッシや住宅設備機器に加え、外構やフェンス・風除室なども手掛けるようになり、日々仕事の幅が広がっていくのが楽しいですね。

先輩社員はどのような感じですか?

わからないところは聞けばなんでも教えてくれる、プロフェッショナルな方が多いです。とてもわかりやすく説明してもらえるので、やりやすく、仕事に専念できる環境だと思います。
ベテランの方も多いので、とても頼りになります。

アジカタの魅力はどのようなところですか?

まだ2年目なので、すべてはわかっていないというのが正直なところです。仕事は一生懸命やっているつもりですが、まだまだ振り回されていると感じることも多々あります。
大変なこともありますし、失敗することもあるのですけれど、人としてとても成長できる、素敵な会社だなと思います。
仕事を通じてもっと社会への見識を広げて、将来的にはこの会社で自分の理想を実現できたら良いなと思っています。

営業事務担当

古川 八重

入社した直後はどのような印象でしたか?

私は、主に商品の発注や見積もりを行う営業事務を担当しています。
アジカタで扱っている商品は、サッシや室内の建具をはじめ、キッチンやトイレなどの水回り、そしてエクステリア商品に至るまでとにかく幅広くて初めは驚きました。
入社当時から10年一緒に仕事をしている先輩から丁寧に教えていただき、一つ一つ覚えていきました。

思い出に残っている仕事はありますか?

ガラスは四角形が一般的ですけれど、三角形のガラスを手配したことがあります。しかも大きさもあったので、1枚では収まらず、台形のガラスと小さな三角形のガラスを2枚をつなげて一つにすることになりました。
特殊な依頼でしたのでその部材を発注する時は緊張しましたけれど、それが上手く設置できた時はとても感動しました。

今までの経験を通して自分が変わった点はありますか?

一生懸命やることも大切なのですけれど、ただ闇雲にやるのではなく、何かをやるにあたってどうゴールしたら良いのか、結論から考えるようにしています。自分なりにですが、先を考えて行動するようになりました。
言われたことをただやるのではなく、それに対してもっと深く考え、疑問があったらキチンと解決した上で最適な仕事を行っていく。
10年のキャリアもあって、以前も似たようなことがあったなと当時の経験を思い出しながら仕事をし、自分で判断できることも増えてきました。

アジカタの特徴や魅力はどのようなところですか?

すごく知識がある先輩方が多いので、わからないことがたくさんある中でも優しく教えてくださって、特に入社当時はとてもありがたかったです。
また社長もとても自然体な感じで、社員のことを考えてお話をして くださいます。 目上の方でも接しやすいというこの会社の雰囲気はとても良いですね。

入社を考えている方にメッセージをお願いします。

日常の仕事の中ではいろいろな方と接する機会があり、その場に適した対応を求められますので、たくさんの人と話して、コミュニケーションの能力を高めることがとても大切になってきます。
また、業務的には何もかも初めてのことが多いと思います。
ただアジカタでは入社後の研修はもちろん、その後の先輩達のフォローがありますので、知識がなくても安心して仕事に取り組むことができると思います。
どうしても失敗はあるものですが、一回の失敗で諦めないで、それを次はどうやったら上手く達成できるか、マイナスをプラスに変えるような気持ちでいることを心がけると良いと思います。

施工担当 一級ガラス施工技能士

新保 正樹

入社した直後はどのような印象でしたか?

私の父もガラスの施工を職業としており、どのような仕事があるかはある程度父から聞いていましたので、入社当時も何をしたら良いのか迷うということはそれほどありませんでした。
ただ大きく違ったのは、アジカタはガラス専門ではなく、サッシなど住宅の建築資材全般を取り扱っているというところで、仕事の種類は遙かに多く、覚えることはたくさんありました。
最初は覚えることに一苦労しましたが、身につけてしまえば住宅に関わる色々な仕事ができることもあり、とても楽しく仕事ができました。

仕事で工夫していることはありますか?

現場での施工作業が主な仕事ですが、それだけで仕事が終わることはありません。どのような現場でもお客様との関わりがあり、そこにはコミュニケーションが存在します。
前職ではお客様や他の人と話す機会が少なかったのですが、アジカタに入って からはお客様とのコミュニケーションがとても増えました。
こちらから話かけることはあまりないのですけれど、仕事をしているとその内容に興味を持たれる方がとても多くいらっしゃいます。
確実な施工を行いながら、お客様の疑問点にもしっかり答えていく。施工現場のプロとして、どちらも注力しながらやることを心掛けています。

思い出に残っている仕事はありますか?

一般住宅なのですが、2m×4mはあるとても大きなガラスを人力で収めたことがあります。ガラス1枚の重さはゆうに100㎏は超えていたと思います。それを1階に一か所、2階に一か所入れたのですが、それがもう大変で、従業員総出で施工に行きましたが、それでも足りなくて応援を呼びました。
すごく大きいし重いのですけれど、材質はガラスですので、慎重に慎重に工事を進めました。トラブルなく無事に取り付けた後の達成感は格別でした。

アジカタの仕事の魅力はどのようなところですか?

自分が施工した仕事がカタチとして残る。新築なら一か月で2~3棟は仕上げますので、今ではいろいろなところで自分が携わった仕事を見ることができます。
また、新築だと皆さん完成したら写真を撮ってらっしゃって、私もその写真でお客様の喜んでいらっしゃる姿を拝見でき、さらにそれが自分の仕事として世の中に残る。とても嬉しい瞬間ですね。

将来の夢や展望はありますか?

ベテラン社員が多い会社ですので、その方達に比べればまだまだ私は後輩になるのですけれど、将来自分の部門に新人が入ってきたら、自分の覚えていることや身につけたことをしっかり伝えて、素晴らしい仕事をしてもらえる方がたくさん増えたら良いなと思います。
今後は、先輩として教えていける存在になることができればいいなと思っています。

RECRUITING2023

採用情報

アジカタの魅力は、なんといっても人間力。住環境のプロとして、地域の方々の生活をサポートしていく仲間を求めています。